京田辺で自然素材×オーダーメイドの新築住宅・リフォームのことなら

大洲衛

HOME > スタッフブログ > 南向きの間取りについて

南向きの間取りについて

2017-11-18

お家のプラン・配置を考えるとき、

 

南面にいっぱい窓をつけたい!

 

と、いう方もいれば

 

全体的に明るければいいです。

 

と、いう方もいて、さまざまな意見があります。

 

今回は、南面の間取りについてお話しします。

 

 

■南面の間取りのメリットとは?■

 

1.土地南面に目一杯接するように家を配置すると

南側の部屋の採光が取れ明るいお家になる。

 

2.夏場の太陽高度が北側に傾くので、

暑い時期の直射日光が遮れる。

 

3.LDKなどの南面の窓に、そのままウッドデッキを延長すれば、

LDKと一体的に使えるので、広々開放的になる。

 

 

▼南面の間取りの留意点とは?▼

 

1.南面に、窓を多く!!という要望が多いけれども

屋根や庇を出しておかないといけない。

 

2.もし庇などが作れそうになければ、オーニングやヨシズ、格子などを使って

直射日光を緩和させるアイデアが必要。

 

3.屋根がない場合は、窓の選択が大事で、

例えば、省エネガラスのLow-Eガラスの採用するなど

熱を入りにくくする必要がある。

 

4.真南に配置すると、北側に採光がとれなくなるので

プランの工夫が必要。

 

 

『人とちょっと違った暮らし』は、

注文住宅を建てる場合、みんなの憧れだしよくわかります。

けれども、予算も限られているから現実的な判断をすることも大切です。

 

 

 

●まとめ●

 

1.南面には、メリットもデメリットももちろんある。

 

2.プランを考えて結果的に南面優先型プランの方が採用されがちだけれども、

色々とプランを練って考えてみると土地のありがたみに気が付くときも多いです。

 

3.あなたは、南面よくばり派?南面遠慮派?

 

 

みんなが南側が好きかといえば、実はそうでもないんです。

驚くほどに、家族の想いはいろいろです。

悩まれる前に、相談してくださいね。

© 2017 一級建築士事務所 新築・注文住宅をお考えなら京都府の工務店 大洲衛 All Rights Reserved.